トヨタKINTO(キント)は3年後/7年後の契約終了後に買取して返却しない事は可能?

トヨタの自動車サブスクのKINTO(キント)、テレビCMなどでもよく見かけますし、ウェブ記事でも話題ですね。
あなたもKINTO(キント)を利用しようかどうか考え中かもしれません。

KINTO(キント)を利用する場合、契約中のこともそうですが、やはり契約終了後のことも気になりますね。

トヨタのKINTO(キント)を、契約終了後に車を買取して返却しないことは可能なのか気になっているという方もおられるのではないでしょうか。

3年後/5年後/7年後の契約終了後に買取することは可能?

トヨタのKINTO(キント)はサブスク型のシステムであるため、3年後・5年後・7年後と決められた契約期間が終了したとしても、契約終了後に車を買取することは残念ながらできません。

よって車を返却しないという選択肢はKINTO(キント)ではありえません。

対照的に残価設定型ローン(残価設定型クレジット)で車を買う場合には、ローン最終回の最後の支払いした後は、車を買取して返却しないという選択肢が選べますね。

3年後・5年後・7年後と決められた期間が終了した後に、車をどうするか決めたいという方には、KINTO(キント)ではなくてトヨタのディーラーで残価設定型ローンを用いて車を購入する方が良いかもしれませんね。

KINTO(キント)の販売店では、大抵トヨタ車の残価設定型ローンを利用した購入もできますから、KINTO(キント)の販売店に行った際にどちらがいいか担当者と相談してみるのもいいですね。

返却時の流れ。原状回復が必要

先ほど述べたようにKINTO(キント)は3年後・5年後・7年後の契約終了時に返却しないということはできません。

では車の返却の流れはどのようなものなのでしょうか。

まず契約満了日が近づくとメールが届きますので、販売店と車両持ち込み日の調整を行います。

契約満了日までに車を原状回復しておくことが必要です。
車に傷や凹みがある場合には直しておくのを忘れないようご注意ください。

車両持ち込み日には販売店に車を持って行き、担当者に査定してもらって問題がなければ車の返却は完了という流れになります。

原状回復については車を傷つけていなければ問題になることもありませんし、返却はさほど難しくないのが気軽に利用できるサブスクならではのメリットですね。

KINTO(キント)では販売店での相談以外に、オンラインでの相談も可能です。
外出せずに不安に思っていることをパソコン・スマホ・タブレットで気軽に聞けるのでかなりおすすめですよ。

詳しくはKINTO(キント)の公式サイトでぜひチェックしてみてくださいね。

KINTO オンライン相談

コメント

タイトルとURLをコピーしました